アマテン amaten

アマテン amaten について会社概要、取扱うギフトカードの種類、手数料、振込銀行、本人確認、他のサイトと比較してのメリット、デメリットをまとめてみました。

アマテンはギフト券売買のサイトの中で、もっとも歴史と実績がある最大手です。
取扱量が多いので、先ず登録しておくのが良いでしょう。もちろん無料です。

アマテン

アマテンの概要

運営者:amaten株式会社
所在地: 〒106-6115  東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー15F
設立日: 2007年3月12日
資本金: 1億円
電話番号: 公表せず
古物商許可番号: 東京都公安委員会 第304421406343号

*電話番号を明らかにしていないため、いざというとき電話サポートはないので注意

公式サイトへ
アマテンamaten

取扱いギフトカード

Amazonギフトカード、iTunesカード、GooglePlayカード、LINEプリペイドカード、DMMプリペイドカード、楽天ポイントギフトカード、ウェブマネー、ビットキャッシュ、Greeプリペイドカード、Mobageモバコインカード、ニンテンドープリペイドカード、プレイステーションストアカード、nanacoギフト、Windowsストアプリペイドカード、C-CHECK、NetRideCashの16種類

アマテンで取扱うギフト券

手数料

出品手数料 額面の1.99%(税込) 取引確定の場合のみ
出金手数料 499円(税込) 出金条件 残高 2,000円以上

会員登録や月額料金、ギフト券の購入には手数料はかかりません。
購入者がチャージする場合、銀行の振込手数料は購入者負担となります。

購入する場合 振込先となる銀行

同一銀行間であれば振込手数料が安いです。なにより口座に反映する時間が短く、24時間対応なので、欲しいギフト券を見つけたときにすぐに買うことができます。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • その他、ビットコイン、モナコインでも購入可

本人確認

会員登録の際にSMS認証(携帯電話番号が必要)
5万円以上出金する場合には、免許証などの身分証の提示が必要です。
また、ギフト券の購入者は、10,000円以上のチャージを申し込む場合は身分証が必要です。

*2017年8月10日より、FacebookやGoogle+のアカウントでもログイン可能になりました。

アマテンのメリット

10年以上の実績があって、取引量も業界最大。取り扱うギフトカードの種類も多い。
そのため、買う場合は欲しいカードが見つかりやすく、売る場合は買い手があらわれやすい。
エラー数が表示されるので、危ない出品者を見分ける参考になる

アマテンのデメリット

売る場合、他と比べると手数料が少し高い
2017年5月のシステム変更で使いにくくなった?

アマテンのまとめ

最大手で取引量が多いので、とりあえず登録しておくのがおすすめ

公式サイトへ
アマテンamaten 公式ページへ

      2017/08/11

 - ギフト売買サイト