出品者のエラー率を表示しているのは

出品者のエラー率を表示しているのは、アマテン、アマオク、ギフト券取引所… ギフト券を買う

ギフト券をアマテンなどで買う場合、「エラー数/出品数」=エラー率の表示があると、どの出品者から買うかを選ぶ目安になって便利です。

エラー率表示

エラー数は、ギフト券を購入して、コードを登録したのに、ギフト券が有効にならなかった(エラーになった)数です。
この場合、購入後30分以内に報告すれば、アマテンなどから返金されます。

とはいえ、エラー数が多い、エラー率が高い出品者はやはり信用に欠けます。

このような出品者のエラー率がわかるサイトは、アマテン、アマオク、ギフト券取引所の3つです。

アマテンなどのエラー率表示を活用する

どのくらいのエラー数エラー率だと危ないか

アマテンなどからせっかく買ったギフト券がエラーになる原因は、管理人が考えるに

  1. ギフト券の登録したコードを入力間違いした
  2. 出品者がギフト券の代金をクレジットカードで決済したが、支払できなかった
  3. ギフト券が不正入手されたものだった(例:詐取されたギフト券だった)
  4. もともと出品者に詐欺の意図があった

などの理由があげられます。

このうち、1の場合は、後で正しいコードを連絡して修正されれば、エラー数から消えると言われています。(アマテン、アマオクの場合 2ch情報)

であれば、エラーが1%以上でもある出品者は、警戒した方が良いと思われます。
管理人は個人的には、100以上の実績があってエラー0の出品者を選んでいます。

大丈夫

現状では(2017年8月現在)ギフト券取引所がおすすめ

では、サイト毎にエラー率の現状を見てみましょう

アマテン
アマテン 出品者エラー

アマオク
アマオク 出品者エラー

ギフト券取引所
ギフト券取引所出品者エラー数

アマテンもアマオクも、ほとんどの出品者はエラー率で言えば、1.0%未満です。
でも、エラー数0の出品者ばかりのギフト券取引所が買いやすいと思われます。

ギフト券取引所

ギフト券取引所は、出品手数料が2017年末まで0円です。また、ギフト券を買う場合も、掘出物も良く見ますので、今が購入のチャンスだと思います。振込銀行が多いのもメリットです。ただし、現在は、取り扱いがアマゾン・ギフト券だけになっています。

   

 - ギフト券を買う , ,