本人確認を比較 ギフト券を購入する場合

アマテンなどでアマゾンギフト券などを購入する場合、一定の本人確認(身元確認)があります。

パスポート

アマゾンギフト券などを利用した脱税やマネーロンダリングが考えられますので、やはり完全匿名での購入は難しいと言えます。

とはいえ、各ギフト券売買サイトによって本人確認の方法は少し違ってきます。
なかでも、ベテルギフトやギフティッシュが、会員登録をしなくても、Facebook、Google、Yahoo!のアカウントで購入できるのは便利です。

ギフト券を購入する場合の本人確認方法

本人確認が緩い順に紹介します。

1.ベテルギフト

会員登録の際にSMS認証(携帯電話番号が必須)
会員登録しなくても、Facebook、Google、Yahoo!のアカウントがあればログイン可

2.ギフティッシュ

会員登録の際にSMS認証(携帯電話番号が必須)
会員登録しなくても、Facebook、Googleのアカウントでログイン可
*以前は、身分証の提出が義務付けられていましたが、なくなったようです。

3.アマオク

会員登録の際にSMS認証(携帯電話番号が必須)

3.ギフト券取引所

会員登録の際にSMS認証(携帯電話番号が必須)

5.アマテン

会員登録の際にSMS認証(携帯電話番号が必須)
1万円以上チャージする場合は、免許証やパスポートの写しなど身分証が必要です。
*2017年8月10日より、FacebookやGoogle+のアカウントでもログイン可能になりました。

5.ギフル

会員登録の際にSMS認証(携帯電話番号が必須)
1万円以上チャージする場合は、免許証やパスポートの写しなど身分証が必要です。

なお、身分証の提出は、規約上は「サイト側が必要と判断したときは、ユーザーに求めることができ、ユーザーはそれに応じるものとする」となっています。
したがって、アマテンやギフル以外のサイトでも、身分証の提出がギフト券を購入する場合に求められる可能性はあります。
(多額のギフト券を購入するときや繰り返し何度も購入していると求められるようです)

ベテルギフトは、Facebook、Google、Yahoo!のアカウントで購入できる


      2017/08/11

 - ギフト券を買う ,