ライティングがすべてではない~CRO講座3

ライティングに関する情報商材では、よく「コピーライティングで解決できない問題はない」(「ネットビジネス大百科」)とか、「ライティング術さえ身に付ければ、一生ネットで稼ぐのに困らない」(「暗黒マーケティング」)みたいなことを言っています。

しかし、実際にネットショップをやっている立場から云うと、これは間違いだと思います。

たとえば、サイトやブログのデザイン、とくにナビゲーションの構造は、お客様の買う気持ちを乗せていくのに大事な役割をします。顔写真の使い方で売上が2倍になってケースだってあります。また、訪問客とのメールやSNSでのやり取りで信用と信頼を構築していくことももちろん重要です。

ですから、ライティングが重要なことは間違いありませんが、コンバージョンを上げるためには他にもやることが沢山あることも知っておいて頂きたいと私は考えます。

ライティングに関係なく、あるイメージを除去しただけで、クリック数が4倍になった事例

Icouponblog.com は、クーポンサイトの情報を紹介するブログです(現在はありません)。
各記事には、紹介しているクーポンサイトのキャッシュバック・クーポンのバナーが貼ってあります。

変更前:
icoupon_base

変更後:
icoupon_after

右側の巨大なセキュアドシールを除去したところ、キャッシュバック・クーポンのバナーのクリック数は4倍になりました。

変更前のサイトは、一見セキュアドシールがサイトの安全性を証明していて、クリック率を高めていそうです。
しかし実際には、シールが大きすぎて、肝心のキャッシュバック・クーポンのバナーが目立たなくなっていたために、逆にクリックを少なくしていたようです。

ひと言:高額なコピーライティングの情報商材を買うより、購入ボタンを大きくした方が購入者は増えます。